カーリースを選択する際のメリットについて

現在、企業にとって負担となるは資産をもっていることになるでしょう。もちろん、社用車もその限りではありません。社用車をハリアーで考えているのであれば、あえて新車で購入するよりもリース契約をおすすめしたいと思います。リース契約であれば、実際に購入した際と異なり、所有ではないので資産として管理するのではなく、経費で費用として処理することが可能になってきます。

特に法人契約であれば、その方が間違いなくメリットが大きいといえるでしょう。それも新車で契約することができれば、さらにメリットは大きくなります。
ハリアーのような大型車の場合は、資産として計上して償却までに年月がかかるため減価償却まで古くなっても乗り続けなければなりません。むしろ、リース契約によって、できるだけ新しい車を利用したほうが大きなメリットを感じることもできるでしょうし、モデルチェンジのたびにリース契約を変更することも可能になりますのでステータスの面でも間違いなくプラスに働くことになります。

特にハリアーのような人気車の場合、マイナーチェンジも含めてそのスパンが短いこともありますので間違いなくリース契約のメリットの方が大きくなってくるのです。

法人にとっては、資産は出来るだけ持つことなく、軽い経営が求められる中、社用車のようなコストがかさむものについては間違いなくリース契約で軽く、利便性も高く運用すべきです。整備、車検などの運用も軽くできるのは管理部門としても楽です。