運転席側の社外品フロアマット選びは慎重に・・・

車のフロアマットは運転席以外は安い社外品でも全然OKです。
しかしながら、運転席側だけは純正か社外品でもお金を出してピッタリとフィットするものを買わなければ絶対にダメなのです。
なぜなら、運転席側は少しでもズレるとアクセルにひっかかってしまい、車が暴走するという事故が結構、多発しているからなのです


自分の好きな色や柄のフロアマットにしたいというのはわかるのですが、そこはグッとこらえて安全第一を考えて、純正か少しお高目の社外品にするしかなく運転席側のフロアマット選びだけは絶対に妥協してはいけないのです。

車の車内というのは日本では、もはや家の中という部屋の中の様なものなので、運転席、助手席、後部座席と自分のお気に入りのフロアマットで統一したい、少しでもお金を節約するために安くてお気に入りのフロアマットに交換したいという気持ちは痛いほどわかるのですが、問題は命にかかわることなのでそこは絶対に妥協してはいけません。