おすすめ 社外品のフロアマットの特徴について

新車など、車を購入する際に必需品ともいえるアイテムがフロアマットです。多くの方が車を購入する際に追加のオプションとして購入していると思います。とはいえ、純正品のマットは意外と高額になり、ためらいを感じる方は少なくないかと思います。そこで今回は、社外品マットの特徴についてご紹介したいと思います。

マットの役割について
基本的に車は土足で乗るものですので、靴に付着した泥や砂、小石などといった汚れを持ち込んでしまいます。そんな時にマットがあれば、直接的に車内の汚れを防ぐ事ができますので車内を綺麗に保つ事ができます。もちろん、マット自体が汚れた時には水洗い等手軽に行う事が可能です。また、マットには滑り止めが付いていますので、運転時の足元を安定させる効果もあります。さらには、車内のインテリアとしてのアイテムとしても十分効果を発揮してくれます。

社外マットの特徴について
純正品のマットはサイズやグレードによっても異なりますが、平均的な価格として4~5万円程度と高額です。中には十万円近くするものもあるくらいです。一方で社外マットの場合は、純正マットの半額程度で購入する事ができます。もちろん価格のみならず、高級素材を使用したものや、バリエーション豊かなデザインも見逃せません。大きな違いといえば、マットに車名のロゴマークが入っていないという点ぐらいです。

社外マット選びの注意点について
リーズナブルな価格が魅力の社外マットですが、選ぶ際に気を付けたいポイントがあります。販売されているマットの種類として、「汎用品」もしくは「車種専用設計」といったタイプのものが存在します。汎用品では、リーズナブルな価格が特徴な事や、一般的なサイズでつくらていますので、小型車や中型車など多くの車種に対応する事が出来ます。しかし専用品に比べてサイズがピッタリ合うとは限りません。一方で、車種専用設計タイプでは、車種毎に造られていますので純正同様にサイズ感は抜群です。

おすすめは車種専用設計タイプ
マットは第一に安全性を考える事が大切です。ですので、純正品同様にサイズがぴったりと合うマットを選ぶ事をおすすめします。とはいえ、純正品は高額過ぎる事や気に入ったデザインが無いために迷っているという方も多いと思います。そんな時には値段は純正品よりも安く、さらには純正品に用意されていない豊富なデザインを選択する事もできる車種専用の社外マットを選んでみてはいかがでしょうか。